マティス in 国立西洋美術館

マティス展に行ってきました。Henri Matisse

マティスの絵は何なんだかサッパリ分からない。。。私には。。
いろいろ薀蓄を並べれば、それなりに感想を述べる人はいるだろうが、

人には、やはり、好き、嫌いがあるということだ。

ピカソもそうだけれど、晩年になるに連れて、写実的な絵でなくなってくる。

私は、どちらかというと、写実的な絵が好きだ。

今回、マティス展というよりも、国立西洋美術館に行ける事が嬉しかった。
小学生の頃から、母親に連れられて、よく美術展を見に来ていたところだったから、
とても懐かしい感じがしていた。

特別な展覧会がなくても、上野に行くとフラット、立ち寄ってみたりしていた美術館だった。

改装工事をしていたのは知っていたけれども、今回行ってみて、なんだかガッカリしてしまった。。。

美術館という重みが無くなったと言うか。。。

これでは、どんなに立派な美術品が来たって、粗末に思えてくる。

その辺の文化センターでやっているような、展示会みたいだった。

気に入った絵を何度も何度も見にいけるような広さも無いし。。。

美術館の中で一番好きだった場所だっただけに、ガッカリしてしまった。。。

美術品というのは、並んで観るものじゃないのだから。。。

マティスはモノを創る工程が、ほんとに好きだったんだなと思う。
絵の中に、その絵を描いている自分の姿を書いていたり
絵の中に自分の描いた絵が飾ってあったり。。。
そういった意味ではとても楽しめた。

10数年ぶりに訪れた美術館にがっかりしながらも。。芸術の秋を堪能した一日だった。
[PR]
by tom8ko | 2004-10-12 11:44 | ひとり言

そんな女の独り言


by tom8ko